DORA麻雀は本人確認なしで出金可能!身分証明書の個人情報は必要?

DORA麻雀の魅力は麻雀に勝利することによってお金を稼げる点があり、稼いだお金は出金することで使うことができるようになります。

もちろん必ず本人のアカウントでプレイを行うことになりますが、そのアカウントには稼いだお金の残高が表示されています。

ではDORA麻雀の出金の手続きにおいて、本人確認が必要になるのでしょうか?

結論から申しますと必要となる場合があり、運営から身分証の提出を求められることがあります。

 

その理由に関しては、運営はプレイヤーの不正防止に目を光らせている点があるからで、よく行われるのはマネーロンダリングです。

マネーロンダリングとは一般的には不正に入手した資金洗浄を意味しますが、DORA麻雀のケースではクレジットカードで入金を行ったもののプレイを一切せずに、出金を行い現金化してしまうことです。

つまり入金した目的が現金化することになるので、本来の賭けを行い麻雀をプレーすることと明らかに相違をし、それは不正行為で禁止されています。

そのため運営からそれを防止する一環から身分証の提出を求められるわけです。

本記事ではDORA麻雀の本人確認について解説します。

DORA麻雀で本人確認が必要な場合と不要な場合

DORA麻雀で本人確認が必要な場合と不要な場合について解説します。

DORA麻雀で本人確認が必要な場合と不要な場合

DORA麻雀では賭け金を入金して、そのリアルマネーを賭けて楽しむことができます。

アカウントの発行並びに入金に対しては本人確認を必要とすることはありません。

そのためログインして利用することになりますが、ログインの度に本人確認をすることはないのでほぼ自由にプレイすることができます。

 

なお入金をすることは、決済代行業者を経由して入金することができますし、クレジットカードから入金をすることが可能です。

ただ出金の場合はマネーロンダリングの観点から本人確認を義務付けられることとなります。

具体的には出金申請をするとDORA麻雀の運営から「身分証書類等ご提出のお願い」のメールが届くので、そのメールの内容に従って身分証を提出するだけで良いです。

 

以前は決済代行業者を経由して行う場合、必要な書類は決済代行業者に提出しているので、そこを経由すれば原則として不要でした。

ところがマネーロンダリングの問題があり、本人確認を義務付けられたみたいです。

 

マネーロンダリングは、簡単に言えばクレジットカードの現金化のことになります。

クレジットカードの現金化は法律でも認めていない脱法行為で、クレジットカードのショッピング枠を利用して行います。

その枠まで形だけの物やサービスを受け、現金にしてしまう手法で、カード会社の規約でも認めていない場合が多いです。

 

入金をして賭け金を賭けて、麻雀を楽しむだけであれば本人確認は必要ないです。
しかもアカウントを取得する際でも本人確認を要しませんね。
ログイン時もいちいち本人確認を必要としませんので、DORA麻雀でも一般的な会員サイト感覚で利用することができます。
ただ賭けで稼いだお金の出金申請だけは、本人確認が必要となると覚えておきましょう。

DORA麻雀の身分証明書は出金時に求められることがある

DORA麻雀の身分証明書は出金時に求められることがあります。

DORA麻雀の身分証明書は出金時に求められることがあります。

DORA麻雀では、アカウントを取得すれば原則として条件もなく自由に利用し楽しむことができます。

ただ残高を現金化する場合には出勤申請時に本人確認を求められ、「身分証書類等ご提出のお願い」のメールが届きます。

具体的には必要書類3点を画像に添付して、運営に送付するだけで良いです。

【必要書類】

  1. 身分証明書
    パスポートもしくは運転免許証の氏名・写真記載面
  2. 住所確認書類
    居住する住所の証明書
    (住民票、銀行やクレジットカード請求書、電気・ガス・水道代支払書等、ただし携帯電話の請求書は不可)
    ※氏名・住所・発行日記載面90日以内発行で、書類の種類、書類の発行元が1枚で確認出来るもの
  3. クレジットカード(入金に使用していない場合には必要ありません)
    お使いのクレジットカードのクレジットカード番号、有効期限、氏名記載面
    (セキュリティ上の理由から、最初の6桁と最後の4桁と有効期限と氏名部分のみ。
    中間の6つの数字は紙切れなどで隠してください)

上記の必要書類を写真撮影か、スキャンした物を添付して運営に送るだけで申請をすることができます。

問題がなければ受理され、出金できるようになります。

現在では必要書類の提出は、1回目の出金申請を行う場合には無条件で義務付けられているので注意が必要です。

なお一度だけ、しっかりと必要書類の提出を行い、それによって受理されれば次回以降は必要書類を提出することもなく、出金申請を行うことができるようになります。

 

他にも法律でも18歳未満の方がギャンブルをプレイすることは禁止されています。

そのため18歳未満の方がDORA麻雀をプレイしていると判明した場合にも、速やかに年齢証明書の提出を求められる場合もあります。

他にもなりすましなどの本人以外がアカウントを利用している疑いがある場合にも、本人確認の提出を求められるケースが存在します。

近年はアカウントの乗っ取りの事件も起きている関係からです。

 

ルールを守って利用することが大切で、運営に本人確認を求められたら速やかにその内容に従うことがポイントになります。

DORA麻雀の個人情報は正確に

DORA麻雀に登録する際の個人情報について解説します。

DORA麻雀登録時の個人情報

DORA麻雀を楽しむためにはアカウントを取得しなければなりませんが、その登録では必要な項目を入力する必要があります。

【必要入力項目】

  • 姓・名    日本語での入力可
  • 生年月日   日・月・年
  • 性別     男・女
  • 住所     市以下の住所を入力(日本語可)
  • 都道府県   日本語での入力可
  • 郵便番号   郵便番号を入力
  • 州/地域    空欄でも問題なし
  • 国       日本を選択
  • 電話番号   携帯番号を入力
  • 電子メール  使えるメールアドレスを使用しましょう
  • ユーザー名  ログインに必要なので覚えやすいものにしましょう
  • パスワード  短いパスワードは避けましょう
  • 秘密の質問・回答 質問と回答はメモ帳などに記載したほうがいいでしょう

ほとんどの項目は、一般的な会員サイトで会員登録するときに必要な項目と一緒なので、難なく入力することが可能かもしれません。

ただ誤字・脱字になどに気を付けて、しっかりとアカウントを取得する本人の情報を入力することが重要になります。

 

例えば出金などで、本人の情報と証明書の情報が相違すると、それだけで受理されない問題が起きてきます。

そうなると出金できなくなってしまったり、場合によってはアカウントの凍結の事例まで存在します。

しっかりと稼いだお金を出金したい場合には必要不可欠なことですので、慎重に行うことが重要です。

 

なお一度、登録をした個人情報は変更することが可能でしょうか?

これについては変更出来る項目と出来ない項目が存在しますので、注意を要します。

ユーザー名やスクリーン名は、一度登録をしてしまうと変更することができません。

ただそれ以外の項目では変更することが可能で、住所や電話番号などの項目は変更することは可能です。

それは当然で引っ越しや電話番号を変えるケースは、頻繁にありますから。

 

スクリーン名はあだ名やペンネームを付けるのが普通ですが、間違って本名にしてしまう場合があります。

その場合は運営にその旨を相談して、本名での登録をあだ名やペンネームに変更してもらうことができますよ♪

もし気になることがありましたら、DORA麻雀の公式サイトのよくある質問を閲覧してみると良いでしょう。

DORA麻雀の本人確認まとめ

DORA麻雀の本人確認について解説していきました。

  • 身分証明書などは出金申請時に必要となる。
  • 出金申請をするとメールが来るので、それに従って各種証明書を提出する。
  • 一度、受理されれば、次回以降は証明書の提出をせずに出金申請が行える。
  • 個人登録情報と相違している場合、受理されないことがある。
  • アカウントを取得するときの個人情報登録項目を正確に本人のものを入力することが重要。
  • 個人情報に関して、不明な点は運営に問い合わせをする。

という点を押さえておくことがポイントになります。

本人確認に関しては、本人がアカウント登録をしたのであれば、問題なく証明書類を揃えることができるはずです。

 

多くの方が迷うことなく、問題なく出金申請を行い、DORA麻雀でお金を稼いでおります。

DORA麻雀では1回目の出金申請以外は本人確認を度々、求められることはないので、一度、提出すれば、よほどのことがない限り、半永久的に有効となります。

なおDORA麻雀は、カジノに関する海外のライセンスを取得していますが、その取得には個人情報の扱いを厳格な管理が必要なので、安心して個人情報を登録することが可能です。

最新情報をチェックしよう!