DORA麻雀の半荘戦は人気!腕に自信のある人にオススメな理由

DORA麻雀の半荘戦を経験している人は意外と少ないです。

確かに、DORA麻雀のレートの豊富さや人の集まりやすさから、東風戦が人気と言えます。

対してDORA麻雀の半荘戦は、人気も卓の種類も多いとは言えません。

そんな半荘戦ですが、実は上手に使うとさらに勝率を上げることができるんです。

皆さんが見落としがちな半荘戦をうまく使う秘訣とはなんでしょうか?

この記事は、DORA麻雀の半荘戦について解説します。

DORA麻雀の半荘戦の仕組み

DORA麻雀の半荘戦について解説します。

DORA麻雀の半荘戦の仕組み

DORA麻雀の半荘戦とは、東風戦と南風戦を行うルールです。

通称東南戦・半チャンとも言われ、もともと一荘戦といわれる対局がメジャーでした。

この一荘戦は東風、南風、西風、北風の4つを一気に対局します。

これはあまりにも長いので、最近では半荘戦がメジャーです。

半荘戦では、東場と南場をプレイする必要があります。

 

このような違いは一見細かな違いに見えやすいですが、実は違うところも多いんです。
この違いを疎かにすると、重要な勝負に負けてしまうことがあります。

細かいことではありますが、チェックしましょう。

まず、DORA麻雀の半荘戦では場代が違います。

半荘戦は場代が東風戦よりも場代が少し多いです。

東風戦の場代は10%であるのに対し、半荘戦は場代が15%です。

その為、やや取られるお金が多いです。

攻略法も若干異なるので、特に東風戦に慣れてしまっている人は注意が必要です。

DORA麻雀の半荘戦では早く上がってもさほど勝率に影響しません。

東風戦では早く上がれれば勝ててしまうこともありますが、半荘戦ではあまりありません。

半荘戦のような長期的な試合で勝つには、十分な点差が必要です。

満貫のような大きい点数が欲しい状況も出てきます。

 

はやく上がれば勝てるとは限らないのがDORA麻雀の半荘戦の特徴です。

もしDORA麻雀で半荘戦をプレイする時にはこれらに十分注意してから対戦しましょう。

半荘戦での戦い方を理解してからプレイしてみてください!

 

DORA麻雀を見てみる!

 

DORA麻雀の半荘戦は短時間で増やせる

DORA麻雀の半荘戦が短時間で増やせるこ4とについて解説します。

DORA麻雀の半荘戦は短時間で儲かる

DORA麻雀において半荘戦はややマイナーなルールではあります。

実際、他と比べてレートの種類も少ないのが現状です。

しかし、DORA麻雀の半荘戦を上手に利用できれば、安定して、かつ短時間で稼ぐことが可能です。

半荘戦は東風戦よりも長期戦なので巻き返すチャンスも多く、安定した成績をあげることができます。

 

つまり、対局が長いことで運の要素が影響しにくいということです。
実力に自信がある人であれば、半荘戦でより安定した勝率を得ることができます。

 

また、DORA麻雀では東風戦が主流なことも勝ちやすい要因の一つです。

先に述べたように、東風戦と半荘戦は似ているようで実は違うことも多いです。

これを知らないで半荘戦に挑むと、なかなか勝てない状況が続きます。

要するに、相手のレベルが東風戦と比較して下がる傾向にあります。

 

半荘戦が得意であれば、しっかりと勝ち続け稼ぐことができますよ♪

 

短時間でお金が欲しい場合は東風戦を選びがちですが、それだと、その日のツキや運に左右されやすいんです。

短時間で安定して稼ぐことができるのは圧倒的に半荘戦です。

特に、中レートでコツコツ稼いでいる人にはぴったりなのではないでしょうか。

日々の勝率がさらに高くなれば、収支も自ずと黒字になるはずです。

 

安定して稼いでいる人は上手に半荘戦を利用しています。

もっと稼ぎたいという人は、DORA麻雀の半荘戦をプレイしてみましょう。

DORA麻雀の半荘戦まとめ

以上、DORA麻雀の半荘戦について解説しました。

  • 半荘戦は場代が東風戦より高い
  • DORA麻雀では半荘戦のプレイ人口がやや少ない為勝ちやすい
  • 半荘戦は東風戦と違う点があるのに注意する

半荘戦はDORA麻雀では穴場的な立ち位置で、あまり目立ちはしません。

ただ、これを逆手にとりうまく利用すれば、より効率的に稼ぐことが可能です。

興味があればぜひプレイしてみてくださいね。

 

DORA麻雀を見てみる!

最新情報をチェックしよう!