海外の谷山浩子ファンが、歌詞を英訳してくれたよ! For Hiroko TANIYAMA fans, English lyrics (fan translations) are available!

To English-speakers:
If you cannot understand Japanese, jump!

「日本語はよくわからないけど、谷山浩子が好きだ!」という人に朗報です。

このブログでは今年に入ってから、英語で何本か記事を書いています。
すべて谷山浩子を紹介する記事です。

そしたら先日、この記事を読んだ方から、メールをいただきました。

こんなメールをいただきました

内容を要約すると、こんな感じ。
(どちらの国の方なのかは不明ですが、ドイツ系かな?という印象。女性のお名前でした)

  • 私の母語は英語だが、日本語も理解できる(翻訳の仕事をしている)
  • 私は谷山浩子の大ファンだ!
  • 谷山浩子を布教する際、日本語ができない友達のために、歌詞を英訳した
  • 谷山浩子の情報を探していて、このブログにたどりついた。英語の記事をありがとう!
  • 英訳した歌詞をLivejournalで公開し始めたので、よかったら使って下さい

翻訳の仕事をしていらっしゃるとのことで、完璧な日本語でした。
(あいさつの言葉は英語圏らしく、すごくポジティヴだった。海外の小説で見たことあるフレーズ!)

か、か、書いてよかった~~~!
やっぱ英語で発信せなあかんのや……!

苦手な英語がんばってよかったよ!
見事なまでに過去形のスペルを忘れてて、めっちゃ検索しまくって書いたからね!

英訳歌詞のサイトはこちらです

「是非そちらのURLをブログで紹介させて下さい!」と返信して、教えていただきました。こちらです。

谷山浩子を知ったいきさつは、こちらの記事にありますね。
数年前に「裸足のきみを僕が知ってる」をYouTubeで見つけて、ファンになり、その後CDを買い集めたと。

「彼女の歌はまるで短い小説のようだ。もっと大きな物語が背景にあって、その一場面を切り取ったように思える」って書いてある。
わかるわかる。私もそう思います。

2016年8月5日21:55追記
本当だったらしい。

(ちゃんと冒頭に「これは公式のものじゃないし、ただのファンの翻訳だよ。もし著作権者から指示があれば記事を取り下げるよ」って注意書きもあります)

Livejournalでのアカウント名は、エーダ・新野(ada-shinno)だそうです。

現在、公開しているアルバム

  • 『歪んだ王国』
  • 『しまうま』
  • 『月光シアター』

今後、公開予定のアルバム

  • 『カントリーガール』
  • 『心のすみか』
  • 『漂流楽団』
  • 『テルーと猫とベートーヴェン』
  • 『夢みる力』
  • 『宇宙の子供』

歌の探し方

特定の歌を探す方法は下記。

  1. 右側の「Tags」からアルバムの名前を選ぶ。ローマ字でも英訳でも可
  2. そのアルバムに収録されている歌が全部表示される

今のところ、日本語でのブログ内検索はできないそうです。

ネットでの英訳事情

試しに調べたところ、谷山浩子の歌詞を英訳してる人って、他にもぽつぽついらっしゃるみたいですね。

中には「ねこの森には帰れない」を「Kitsune Forest」と訳している人もいました。
別の動物になってる…しかもなんでキツネだけ日本語…!

私もこういう誤訳をしてるかもしれないな、と身が引き締まる思いです。

今回、実際に翻訳の仕事をしている方からメールをいただいて、しかも「谷山浩子が好きすぎて他の人にシェアしたい」という熱い内容だったので、どんな英語になるのか知りたい!そして私も他の人にシェアしたい!と思いました。
それが、ブログで紹介した理由です。

もしも身近で「谷山浩子いいね!でも日本語あんまりわかんないんだよな…」という人がいたら、上記のサイトを紹介してみて下さい\(^o^)/

※英訳だけでなく、「この歌は同名の小説がある」とか、「この歌のモチーフはアーシュラ・K・ル=グィンの『ゲド戦記』である」とか注釈もついてます(一部の歌のみ)

最後に

うれしいなぁ…ちゃんと谷山浩子ファンに届いたんだ、あの記事…。

正直なところ、ファンの中に私より英語の得意な人が大勢いるのはわかっているので、「皆も書いてよ!もっと発信しようよ!」って思ってるんですけど、皆そんなに暇じゃないよね…。

だったら自分が行動すべきだ、自分が書くべきだと思ったので書きました。
そしたら、読んでくれた人がいた。すごくうれしいです。

余談

英訳された歌詞を読み進むにつれ、

「おぉ、なるほど、こういう訳になるのか」
「あぁ、脳内で谷山浩子の歌が流れる…日本語の歌を頭の中で聞きながら英訳を読んでる…脳の仕組み面白い…」

と思ってたんですけど、最終的に高まりすぎて、

「谷山浩子の歌が好きだー!」

と叫びたい気持ちに駆られましたことをご報告します。

2016年8月7日21:40追記

浩子さんが目を通してツイートして下さったよー!

2016年8月8日22:05追記

エーダ・新野さんから、お返事をいただきました。

浩子さんに見ていただけたよと伝えたところ、ショックで危うく鼻血が出そうになったとのこと。
言葉で言えないほどうれしい、とおっしゃっていました。
『うたのえほん』も探してみます!と。

また、谷山浩子データベースを管理しているHanadaさんから声をかけていただきまして、エーダさん了承の上、谷山浩子データベースにエーダさんのブログへのリンクを追加していただいております。