再びのポケモン第4回:2匹目のホーホー

突然ですが、ポケモンのハートゴールドでは、今のところホーホーが1番かわいいと思ってます。

まんまるのフクロウの姿をしたポケモンで、この子を連れ歩くと、両脇の翼をパタパタと上下させながらトコトコ歩いてくっついてくるんですよ。
か・わ・い・い。

しかも、戦闘シーンで登場する時も、まるっこい毛玉が跳ねるみたいに、若干モフっとゆれ動く。
か・わ・い・い。

こないだポケモンセンターキョウトに行った時も、「なんでホーホーのグッズがないの?!」って思ったからね!

ただし、レベル20でヨルノズクに進化すると、その愛らしさは失われてしまいます。なんか縦に伸びちゃう。あのまるっこさはどこへ行ってしまったんだい…。
そんなわけで、進化させたくないなーと思いながら育ててたんですよ。

しかし、私の手持ちのユーカラ(ホーホー♀)には致命的な弱点がありました。

ふたつの特性

ハートゴールド(に限らず最近のポケモン)は、以前やっていた初代ポケモンよりも複雑になってまして、「特性」というものがあるんですよ。

同じ種類のポケモンであっても、その個体の特性が異なると、戦闘に向いてたり、防御に向いてたり、なんかしら差異が出てくる。
なので、いろんな特性のポケモンを育てて使い分ける人もいるようです。

で、ホーホーの場合「鋭い目」と「不眠」という2種類の特性がありまして。
「不眠」の特性を持つ個体は、敵に催眠術をかけられても眠らないという強みがあるんですよ。
(眠ってしまうと攻撃できなくなります)

ところが、ユーカラの特性は「鋭い目」…。

「味方を守るためにリフレクターを出すくらいしか役割がないな」
と彼氏に言われる始末。

「で、でもでも、かわいいから手放したくないねん…!」
と主張して、どうにかレベル19まで育てたのです。

2匹目を捕まえればいい

先週はエンジュシティに到着し、エンジュシティの南のしげみで野生のポケモンと戦ってました。
このしげみでは、ホーホーがよく出てくるんですね。

というのも、エンジュシティのポケモンジムではゴーストタイプのポケモンが出てくるため、ホーホーをヨルノズクに進化させて「ねんりき」を使うと倒しやすいわけです。

でも私のユーカラはあまり戦闘に有利じゃない(不眠じゃないし)
そもそも、かわいくないヨルノズクに進化させるなんて…。

などと悩んでいたところ、彼氏がこんなことを言いだした。

♂「このしげみで、不眠タイプのホーホーを捕まえて、それを育てればいい」
私「なるほど…!ユーカラは観賞用として、ホーホーのままでボックスの中に残しておけばいい…!」

♂「ユーカラを先頭にしておいて、野生のホーホーが出たらまず催眠術をかけろ。『やせいのホーホーは ふみんで ねむらない!』って表示されたら、そいつは不眠タイプだから捕まえろ」
私「ラジャー!」

その後いきなり不眠タイプのホーホー♂に出くわしたため、首尾よく捕獲。
オリオン座の星にちなんで、ミンタカと命名。

ヨルノズクになりました

あとはひたすら地道にミンタカをしげみで育て、レベル20でヨルノズクに進化。
レベルアップの過程で「ねんりき」も覚えた。

レベル22か23になったあたりで、エンジュシティのポケモンジムに殴りこみ。
ミンタカと、時々パルティア(マグマラシ)を出して、問題なく制覇しました。

そして現在、チョウジタウンに到着。


鳥のポケモンがまだ2匹もスタメンに残ってるよ…うふふ。