はじめてのポケモン第8回:再びのカビゴンから四天王とライバルまで

※ポケモンの名前については、下記にまとめて随時更新中です。

今回ついにクリアしたよー!
というわけでダイジェスト、いってみよー。

あらすじダイジェスト

海沿いのトトロ

ふたごじまの洞窟に飽きて、セキチクシティの右のほうへ。

ここでまたトレーナーたちと戦い、海沿いの道へと進んでいったところ、2匹目のカビゴンが!
前回のカビゴンは捕まえられなかったので、これがラストチャンスやで…。

カビゴンを起こす前にセーブして、いざ戦闘開始。
1回目は捕まえることができなかったため、リセットしてやり直し、ようやくゲットできました。あーよかった…。

ちなみに、カビゴンの名前はトトロにしました。だって似てるから…。

ダンジョンアンドダンジョン

ふたごじまの洞窟を攻略するのはあとまわしにして、いったんマサラタウンに戻りました。

マサラタウンの下のほうへ行き、そこからピエール(ラプラス)に乗って海を渡る。
途中で海にいるトレーナー何人かと戦いました。

グレンじま(グレンタウン)に到着。
めっちゃ小さい島だった。
建物はポケモンけんきゅうじょ、ポケモンセンター、お店、ポケモンジム、ポケモンやしき。民家は全然ない…。

ポケモンけんきゅうじょに行って、ついでに長らく忘れ去っていた「かいのかせき」をパソコンから出して持ってった。
ちょうどね、持ち物がいっぱいになってしまったんですよ。

このゲーム、普段持ち歩けるアイテムの量にも制限があるから、持ちきれない分はパソコンにあずけておくんですけど、あずけられる量にも制限がありまして。
特に初代は制限が厳しい。
(あとのほうになると、もう少し持てるらしい)

まさかこんなところで断捨離するとは…。
と思いつつ、必要ないわざマシンとか、買ったけど必要なかった薬などのアイテムはお店で売り飛ばし、タマムシデパートで買った「リーフのいし」などをポケモンに使って進化させることで使い切ったりしてました。

ポケモンやしきで「ひみつのかぎ」を手に入れないと、ポケモンジムに入れません。
このポケモンやしきも一種のダンジョンになっているので、ランダムに遭遇するポケモンと戦ったり、逃げたり、トレーナーと戦ったりしつつ、攻略サイトの地図をこっそり参照しつつ攻略。

その後、ポケモンジムに行って、無事にリーダーを倒しました。
思ったよりあっけなかったなぁ。

というより、中盤のヤマブキシティのナツメが1番きつかった。
初代の赤青緑では、ナツメのポケモンはせいぜいレベル43程度らしいんですが、なぜかピカチュウ版では軒並みレベル50なのです。なんでそこ強くしたんや…。
(確かにアニメのナツメもかなり手ごわかったけど)

ロケット団、最後の日

さて、その次は懐かしのトキワシティだ!

サトシのスタート地点がマサラタウンで、その次に行ったのがトキワシティなのですが、冒頭ではトキワシティのジムにはカギがかかっています。

ここまで攻略してからトキワシティに行くと、ジムリーダーが帰ってきてるぜ!ってことでジムが開いてる。
このジムリーダーが実はロケット団のリーダーのサカキである、という設定。

ここも問題なく攻略できたよ!やっぱりナツメのほうがきつかった(2回目)

「きみに負けたからロケット団は本日解散だ!」みたいなことを宣言するサカキ。いいのか、それで。

ロードっていうけどこれ岩山じゃね?

ポケモンジムのバッジが8個そろったので、チャンピオンロードに行きましょう。
トキワシティから左に行き、以前は入ることのできなかった建物の中へ。

延々と建物の中を進み(途中でなぜか海ゾーンがある)、持っているバッジを門番っぽい人たちに随時チェックされつつ、最奥のチャンピオンロードに進む。
(いっぺんバッジをチェックされたら、次回以降は見せなくていい)

このチャンピオンロードもダンジョンなので、道に迷いつつ、トレーナーやポケモンと戦いつつ、一進一退。
岩タイプ(イワーク、イシツブテ)がやたらと出るので、岩タイプに強いピエール(ラプラス)がどんどんレベルアップしてしまった。

♂「ここ、伝説の鳥ポケモン『ファイヤー』がいるで。鳥に話しかけたら戦闘が始まるから、話しかける前にセーブするんやで」
私「わかりました!」
♂「1匹しかいーひんから、確実にゲットするんや」

私「なぁ、伝説の鳥ポケモンって、これ?」
♂「ひぃーー!!セーブ!セーブして!」
私「セーブしました!戦闘開始ー!」

運よく最初の戦闘でゲット。名前はスザクに。

しかし、チャンピオンロードに何度か挑んでみたものの、なかなかゴールにたどりつけなかったため、今回もこっそり攻略サイトの地図を参照しました。
3階で岩を落としたあと、そのあとに自分も同じ穴へ落ちてボタンを押さねばならないとは…。

最終決戦に備えて

チャンピオンロードを抜けると、セキエイこうげんに到着。
ここは高原といいつつ建物しかない。ていうか、セキエイこうげんと呼ばれる大きな建物がひとつあるだけ。

建物の中では、ポケモンセンターとお店が一緒になっていて、奥の階段を降りていくと四天王との戦いが始まる仕組みです。
四天王の戦闘は次々に4人全員を倒さないと終われない。途中でポケモンセンターに戻ったりできない。

♂「四天王のポケモンは、レベル50以上です。レベル60も出るよ」
私「じゃあちょっとレベル上げてくるわ」

この時点で、ピエール(ラプラス)はレベル52になっていたものの、他はレベル45とかその程度。

というわけで数日間、チャンピオンロードやサイクリングロードで、地道にスタメンのレベル上げを続けてました。
(岩タイプに弱いポケモンは、チャンピオンロードだと育てにくくて…)

♂「きずぐすりとか、げんきのかけらとか大量に持っていけば、今のレベルでも四天王には挑めるよ」
私「でも、道具を使ってる最中は相手に攻撃できないじゃないですか」
♂「せやねん」
私「一方的にボコりたいので、せめて全員レベル50まで上げます」
♂「まぁ、俺の場合もそうしたけど」

性格が出ますねー。

私「ピヨちゃん、もろいよなぁ…防御値がめっちゃ低い…」
♂「ピカチュウの種族値やからなぁ。ピヨは他のポケモンより、プラス5くらいレベル積んどいたら?」
私「そうする」

私「ドッペルも弱いんですよねー」
♂「だって最終進化してへんもん。ゴーストのまんまやもん」
私「この子、友達と交換しーひんと進化せーへんやないか!交換する相手おらんのじゃー!」
♂「ゲンガー、強いのになぁ。残念やなぁ」

四天王とネコと博士

そして今日、四天王に挑みました。
挑んだ時点でのスタメンは、下記のとおり。

  • ピヨ(ピカチュウ)Lv.55
  • ピエール(ラプラス)Lv.55
  • ドトール(ニドキング)Lv.50
  • ケイローン(ケンタロス)Lv.50
  • バルバロイ(リザードン)Lv.50
  • ドッペル(ゴースト)Lv.50

参謀役である彼氏の助言を受け、すごいきずぐすり、げんきのかけら、なんでもなおしを10個単位で買いこみ、いざ。

四天王はトップバッターのカンナで苦戦したものの(ピヨのHPがゼロに)、思ったよりすんなり突破。
岩タイプとか、ピエールの「なみのり」で一発KOだったし…。
(彼氏が「これはこのタイプだから、これを使え」と横で助言してくれてた)

そして、「れいとうビーム」を温存しておいたため、四天王のラストを飾るワタルが出してきたドラゴンは、ほぼ「れいとうビーム」で瞬殺でした。

しかし、ワタルが「実はこのあとに、もうひとり戦ってもらわねばならない」と言いだす。
「ネコくんが、きみより先にチャンピオンとなったのだよ!」

※ネコ…ライバルのシゲルの名前です。

私「…四天王と同じで、このまま一気にネコに勝たないといけないよね?」
♂「うん」

というわけで、そのままネコと戦闘。
四天王はポケモンを5体持ってたけど、ネコは6体。うへえ!今までで1番多い!

無事に勝てた。
その後、どこからともなくオーキドはかせが現れ、「きみが真のポケモンチャンピオンだ!」とたたえられて、エンディングに突入。

えっ、ここでエンディング?と不安に思いつつ待ってたら、そのままするーっとオープニングに移行。
さらに不安に思いつつ、いつものように「つづきから はじめる」を選ぶと、マサラタウンに戻ってきてました。よし、セーブ!

クリア時点でのスタメン一覧

ピヨ

ピカチュウ、レベル56。

覚えているわざは下記。

  • 10まんボルト
  • でんこうせっか
  • かみなり
  • でんじは

ドトール

ニドキング、レベル51。

覚えているわざは下記。

  • だいもんじ
  • あばれる
  • じしん
  • れいとうビーム

ケイローン

ケンタロス、レベル51。

覚えているわざは下記。

  • 10まんボルト
  • ふみつけ
  • かいりき
  • ふぶき

バルバロイ

リザードン、レベル50。

覚えているわざは下記。

  • あなをほる
  • きりさく
  • かえんほうしゃ
  • そらをとぶ

ドッペル

ゴースト、レベル51。

覚えているわざは下記。

  • さいみんじゅつ
  • ゆめくい
  • ナイトヘッド
  • サイコキネシス

ピエール

ラプラス、レベル56。

覚えているわざは下記。

  • なみのり
  • のしかかり
  • うたう
  • れいとうビーム

今後の予定

むじんはつでんしょに行ってないなぁ。
ふたごじまの洞窟も攻略してないなぁ。
あと、別の場所に行くと、ミュウツーが出るんだっけ?

というわけで、まだ捕まえていない伝説のポケモンをのんびり探しにいく予定です。

ちなみに、ピカチュウ版が終わったら、次は『ポケットモンスター ハートゴールド』をやることになっているらしい…。

私「えっ、私のゲーム人生、すでに次のコマが決まってるの?」
♂「ハートゴールドなら、ポケモンがあなたの後ろをくっついて歩くよ」
私「やります」