谷山浩子のおすすめの曲は?という難問に答えました

先週か先々週あたりに、ザ・インタビューズで、こんな質問をいただきました。

谷山浩子を初めて聞く人におすすめしたい曲はなんですか? また、歌詞がおすすめの曲と音がおすすめの曲、他に「ここに注目すべき!」という曲があれば教えてください。

な、なんという難問…!!
きょ、曲だと?!
アルバムだけでも大変なのに、そこからさらに絞りこめというのか!

…絞りこみました。

今夜ふと気が向いて一気に答えを書き上げたので、ブログにも転載しときます。
ザ・インタビューズはHTMLタグが使えへんし、ブログの方が読みやすく書けるからね…。
ザ・インタビューズでの実際の回答はコチラ

誰からの質問かは存じませんが、ぜひぜひぜひぜひ実際に浩子さんの曲を聞いてみて下さい!
すでにファンだった場合は、「ほほう、とりさんは、こんな風に感じるのか」と腕組みしながら聞いてみて下さい。

はじまるよ!

初めて聞く人におすすめしたい曲

えーと、このへん。

「冷たい水の中をきみと歩いていく」

…そこまで怖くないけど、よく聞くと、ぞくっとする歌詞なので、初心者さんにおすすめ。
こういうテイストが好きかどうかの試金石に。
あと、透き通るような歌声が好きな人は、谷山浩子も好きになりそう。

「王国」

…「冷たい水の~」がOKだったなら、もっとやばそうな歌詞の「王国」をおすすめ。
これでも引くどころか、「なにこれ面白い」とか、「こういうの萌えます」とかいう反応だったら、それはもう谷山浩子を聞くしかない。

歌詞がおすすめの曲

いっぱいあるんですけど…えーと。

「意味なしアリス」

…不思議の国のアリスをモチーフにした歌が多い浩子さん。
その中でも、この歌詞の意味なしっぷりは見事。つーかオチが笑える。
初めて聞いた時、「そうきたかー!」とひっくり返った。

「世界一不幸なトナカイ」

…『雪の女王』のストーリーから、なんでそんな曲が!という感じ。
中学時代、この歌をけっこう気に入って、友達とよく歌っていて、「マリアンヌとトナカイさん」という短編まで書いたほどでした。

「ガラスの巨人」

…どうして悲しみが攻めてきたら大きくならないといけないのか、理由はまったく不明ですが、なんかこう、気になる歌詞です。
ちなみに曲は、オリジナルアルバムよりも『Memories』版の方が好きです。

「人生は一本の長い煙草のようなもの」

…歌ってるうちに、泣いてしまったことが何度か。
そんなに泣ける歌詞だっけ?でも、しんみりすることは確か。

音がおすすめの曲

まさかこんな風に、歌詞とか音とかに詳しく分解して、おすすめの曲を聞かれるとは思っていませんでした。

「森へおいで」

…もちろん、『Memories』版で!
「王国」も、『Memories』版で聞くと、いっそう幻想的な感じがして大好きです。

「終電座」

…谷山浩子のファンだという陰陽座の中の人も参加しているコーラスなど、圧巻。

「LUNA」

…浩子さんの声が、本当に音として美しく、メロディーと一緒に聞くと、もう、ぞっとする。

「わたしじゃない月のわたし」

…なぜか最近、自分の中で大ヒット。間奏のメロディーとか好きです。

ここに注目すべき!という曲

えーと…他の人がどこにどう注目してるのか、さっぱりわからないので比較はできませんが。

「七角錐の少女」

…この曲、間奏のテンポがなんかすごく難しいことになってるみたいです。
多分8分の7拍子とか、そういうの。

ザ・インタビューズを書き終えたあとで、確かここで読んだ!と思って探したら、ありました。
谷山浩子のプロデューサーも務める石井AQのサイトに、この曲の変拍子についての話が書かれています。
7拍フレーズとかいうものも入ってるらしいです。

あと、基本的に浩子さんの歌は、ヒットチャートに載るような歌と異なり、
「カラオケで歌いやすい」
という点をほとんど無視して作曲されているため、何度も練習しないと歌えません。
(浩子さんも、「自分の歌は歌いにくいので、カラオケ行っても他の人の歌を歌う」と言ってた)

そういう意味では、ほぼすべての曲に注目すべき点がある!って感じです。
オフ会で何度も、他の人が歌う谷山浩子を聞きましたが、細かいメロディーまちがえてる人もけっこういましたよ。

質問のおかげでiTunesを見返す→久々に聞きたくなった曲をせっせと再生

この難問に答えたおかげで、iTunesの谷山浩子プレイリストを見返し、
「あ、この歌しばらく聞いてへんな」
と気づいてBGMにしたりしてました。

…楽しいです!

シャッフル再生にすれば、もうちょっと普段から聞けるんだろうけどね。
でもアルバムの収録順に聞きたいので、ついつい同じようなアルバムを選んで、同じような歌ばかり聞いちゃってるよ。