歯医者さんでの治療、今度は歯を削ってフタをかぶせるよ(クラウン)

今日も今日とて歯医者さんに通っておりました。
そしてダメージを食らっておりました。

前歯なので仕方なく

以前にも書いたように、歯にフタをかぶせなければならないと言われてしまいまして。

ネットで調べてみたら、どうも「クラウン」と呼ばれるものらしい。

保険適用外だと月収が吹っ飛ぶお値段なので、かなり悩んでました。

ただ、職場の人に話したところ、
「安い方を選んで、内側を金属にすると、歯茎に金属の色がついちゃったりしますよ」
「しかも歯茎に色がついちゃうと、とれないんですよね」
などと恐ろしいことを言われてしまい…。

しかも前歯なんですよ!けっこう目立つ場所なのよ!

ただでさえ前歯が立て続けに虫歯になって、治療したあとが見えてるのに…。
(前歯のすきまが虫歯になっていたため、歯と歯のすきまに白い詰め物がしてあって、私の歯の色と微妙にちがうもんだからバレバレ)

仕方なく意を決して、保険適用外の1番高いフタを選びました。
外側がセラミックで、内側がジルコニアの代物。

今月は歯医者さんだけで18万くらい飛んでいきます。
つ、つらい。
せめてセラミックが保険で使えれば…!

削られた歯

歯にかぶせるフタなので、歯の型をとって、そこから歯の形をしたフタをつくります。
というわけで、今回は型をとったのです、が。

フタといっても、紙やフィルムみたいな薄いものじゃないのよ。
歯の形をしたフタだから、それなりの厚みがあるのよ。
(いうなればニセモノの歯みたいなもの)

歯医者さん「フタをかぶせるために、元の歯を削ります」
私「うっ…」

そのままだと、とてもフタをかぶせるスペースがないので、フタの厚みに合わせて先に歯を削っちゃうんですよね!
虫歯になってない部分も容赦なくガリガリと…。
そう、歯の外周をまるっと削っちゃう。

削り終えた段階で手鏡を渡されて、実際に見たんですけど、ショックでした。
歯が、ひとまわり小さくなってる。
なんか、ただの白い棒みたいになってる。
すげー悲しい。

しかも、先週の段階で、この歯の中心に芯を入れられてるから、本当にただの「ニセモノの歯を支えるための棒」みたいになっちゃってるんだよね、これ。

もう2度と生えてこないのに。
一生この歯で生きていかないといけないのに。
半分に削って殺してしまった。
(もともと知らないうちに神経も死んでたけど)

あぁ、そっか、現代じゃなかったら私はとっくに死んでるんだなぁ、って、なんとなく思いました。
非力で、しょっちゅう倒れてて、おまけに歯もやられてるからまともな食事ができない。食事のできなくなった個体は死ぬ。

仮の歯を使用中です

その後、削り終えた歯の型をとってから、仮の歯をかぶせておきます。
仮の歯というか、歯の形をしたフタの代替品というか。

あらかじめ歯の形をしたフタが用意してあって(もちろん私の歯の型に合ってないから応急措置にしか使えない)、それを歯にかぶせて、噛み合わせがちゃんとするよう適度に削ってもらうの。

それでも噛み合わせがいまいち合ってなくて、食事はちょっと苦労してますが。
しかも仮の歯だから分厚いのよね!歯の裏側を舌でさわると、そこだけ超でっぱってるね!

「つらい…このままでは太れないどころか、ますますエネルギー不足になって働けなくなってしまう…なるべく飲み物だけで栄養をとれるようになった方がいいのでは…」
と思い始めましたよ。
多分、普通の人だったら「食事しにくいし、自然と食事量が減ってダイエットできる!ラッキー!」って思うんだろうな。

そういえばエンシュア・リキッドってあったよなぁ…。
食事の困難な患者さんが、病院で処方箋もらって、薬局で手に入れる奴。牛乳と大豆をベースにした缶ジュースのような体裁の栄養剤。
液体だから重いし、1度にけっこうな量が処方されるんで(箱買い状態になったりする)、患者さんは車で来て、後部座席に積んで持ち帰るんよね…。

朝食を飲むヨーグルトに切り替えてからは、プロテイン全然飲まなくなっちゃったけど、やっぱり飲んだ方がいいのかな。
ミルクよりも飲むヨーグルトの方が、お腹を壊さないからラクなんだけど…。

などと考えつつ、ひとまず自分を元気づけるために、きなこ豆乳を買って帰ったのでした。