谷山浩子を聞いてみたい人のための、タイプ別おすすめアルバム12選

谷山浩子が好きだ!と常々あちこちで言ってるし、書き散らしてるので、時々「どんな歌なん?」と興味をもたれることがあります。
そんな時にはすかさずCDを貸してますぜ。布教の機会は逃さない。

というのも、たいていの人は、おすすめされた程度でCD買ったりしないから。CDが売れないご時世だと特に。
それに、「iTunes Storeでも買えるよ!」と教えたところで、皆なかなか身銭切って新規のアーティストの曲を買おうとは思わない。
動画サイトで探して満足しちゃう人も多いです。

それでも、中には「ちゃんとお金払って、CDなりiTunesなりで買ってみようかな」という人もいる。
そんな人がもっと増えることを願って、谷山浩子をおすすめする記事です。

「谷山浩子は、アルバムいっぱいありすぎて、どれを選べばいいのかわからない」
という人は、この記事を参考にすればいいんじゃないかな!
はじまるよ!

子どもの頃、「NHKみんなのうた」をよく見ていた人には

しっぽのきもち


…子ども向けの歌をメインに集めたアルバム。
「NHKみんなのうた」に提供されていた歌もたくさんあるよ!

  • 「しっぽのきもち」
  • 「おはようクレヨン」
  • 「恋するニワトリ」
  • 「まっくら森のうた」

など、懐かしい名曲が並んでいます。
個人的には、「花時計」が超おすすめ。

しまうま


…私の中学時代、「NHKみんなのうた」に提供されていた、「空のオカリナ」が収録されてます。
浩子さんが結婚した年のアルバム。
今までとはちょっと毛色のちがうリアルな歌詞などが、ファンの間で話題になったようです。

個人的には、結婚後のアルバムの方向性が変わったからといって、そんなに人の恋愛模様を掘り下げなくても…と思うけどね。
中学・高校時代の友達には、このアルバムを最初に布教してたんですが、けっこうウケました。

ちょっとオタクっぽい趣味・嗜好を持っている人には

まかせとけ、谷山浩子はオタクのファンが多いんだぜ…!

歪んだ王国


…コミケで大量に同人誌が出たという名曲「王国」は、このアルバムから始まった。
(このアルバム以降、ベストアルバムなどに何度も収録されてる)
他にもゴスっぽい雰囲気のジャケットや幻想的な歌など、そっち系のテイストいっぱい。

ボクハ・キミガ・スキ


…実は同性に片思いをする男の子の歌だった、「ボクハ・キミガ・スキ」
歌詞をさかさまにすると恐ろしい情景が浮かんでくる、「COTTON COLOR」
坂田靖子のファンタジックな漫画が好きな人におすすめしたい、「パジャマの樹」
などなど、オタクの妄想や創作心を刺激する歌が満載。

Memories


…ライブ音源を収録した2枚組。
特におすすめなのは、2枚目に収録された「森へおいで」
「森へおいで」は、もともとは『冷たい水の中をきみと歩いていく』に収録された歌ですが、Memories版は歌詞が異なります。
幻想的で、破壊力も増してますよ。
(最初につくった時はMemories版の歌詞だったが、その頃に起こった殺人事件と世間の風潮に配慮して、おとなしい歌詞に変えたらしい)

励ましや癒しを求めている人、ラクになりたい人、普通のいい歌を聞きたい人には

「本当は怖いグリム童話」みたいな歌ばかりだと思ってる人は、まちがってますから!

フィンランドはどこですか?


…1曲目「フィンランド」から、ゆるーい空気全開です。すべてがどうでもよくなります。
途中の「まもるくん」で、ぷっと笑っちゃって。
「終電座」の壮大さに心を動かされ、「明日からまた仕事がんばるか」なんて思えるかも。

心のすみか


「雨になりたい」「雨上がりの天使」と、雨のついた歌が2曲入ってます。両方とも癒されます。
「仇」という恐ろしい歌もありますが、ネガティブな感情をあえて高めることで浄化しちゃおう作戦に使って下さい。
私の最近のイチオシは、「わたしじゃない月のわたし」です。

幅広くおすすめの歌を聞きたいという人には

2012年は、谷山浩子デビュー40周年!
ベストアルバムなんて何枚も出てますぜ…。このへんをおさえとけばいいよ。
歌詞カードには、浩子さんのコメントがついてます。

Hiroko Taniyama ’70s(セブンティーズ)


…1970年代発表の歌を集めたベストアルバム。

Hiroko Taniyama ’80s(エイティーズ)


…こっちは1980年代の。

Hiroko Taniyama ’90s(ナインティーズ)


…1990年代。私が好きな歌の多くは、この年代以降です。

Hiroko Taniyama ’00s(ダブルオーズ)


…そして2000年代。

白と黒


…谷山浩子の歌を、「白い歌(普通のいい歌)」と、「黒い歌(ダークなメルヘンっぽい歌)」に分けて、それぞれ集めた2枚組。
普通のいい歌ばかりを聞きたい人は、このアルバムの白いディスクだけを聞くのもいいと思います。

ベストアルバムは他にも何度か出てるんですが、わかりやすく入手しやすいのは、だいたいこのへんです。
あと、今年の4月にもまた出るらしいですね!

スケジュールとお財布の都合が許せば、ライブにも行ってみよう

そんな感じで、おすすめのアルバムを並べてみました。
もし気に入ってもらえたなら、ライブにも行ってほしいなと思います。

というのも、浩子さんはすでに50代。
体力がまだ余ってる20代の若者とはちがうんです。
健康問題の話題が増えやすいお年頃なんです。
(あまりにも年齢不詳なので、とてもそうは見えないけど…)

目の前で歌ってる浩子さん、すぐ間近でトークしてる浩子さん、あわよくばリクエストに当たって会話をかわしたりできちゃうかもしれない浩子さんは、永遠のものではないのです。
CDは廃番になっても中古で買えますが、浩子さんのライブにタイムスリップすることはできません。
浩子さんがまだ元気でライブをやってくれているうちに、ぜひ会いに行きましょう。