谷山浩子 猫森集会2013のCプロはチェロ三重奏団コツコツが地底の底から

イベント名:猫森集会2013 Cプログラム
ゲスト:チェロ三重奏団コツコツ(佐藤研二、三木黄太、坂本弘道)

先日、9月21日のC1に参加しました。
今回のゲストは、ネットで検索かけても公式サイトが出てこなかったチェロのバンドです。ROLLYさん率いる「THE 卍」のメンバーである佐藤研二さんが、チェロを使っているバンド「コツコツ(COTUCOTU)」。他のおふたりもチェロです。

今回のとりさんは、U列。ちょうど後ろ側に当たる席の3列目でした。
浩子さん、佐藤さん、坂本さんの手元が見えましたよー。

ではいつもの如く、メモとってないので、記憶を頼りにいってみよー!
今回は忘れずに、セットリストの写真だけは撮りました!

最初はチェロじゃなくて、ベースな感じでスタート

今回の浩子さんは、いつもの「ワンピースにブーツ」ではなくて、チュニックと柄パンツに、最近流行りの底が厚いスニーカーといういでたちで登場。スニーカーの浩子さんを見るのは初めてかもしれない。

そして、浩子さんとAQさんの他に、最初から佐藤研二さんも登場。
ド派手なオレンジ系のシャツを着て、めっちゃ笑顔で、すんげーヒゲ生やしてました。クマみたいだった。『ルドルフとイッパイアッテナ』に出てくる内田先生みたいな。

佐藤さん、あいさつの時も、浩子さんとタイミングを合わせる時も、演奏する時も、すんげーいい笑顔でしたよ。

AQさんは、いつものように無国籍でした。

ガラスの天球儀

1曲目、まさかのこれ!
浩子さんはのどの調子が悪かったのか、高めのキーが出しにくそうでした。
歌い終わったあと、「あーあー、てすてす」って言ってはった。

佐藤さん、この段階ではチェロではなく、ベースです。

「次の2曲も、さとけん(佐藤研二)さんと3人でやります。さとけんさんの選曲なんですが、これが意外な曲です。『えっ、これ?!』って」
ということで、事前に曲名は告げずにスタート。

確か浩子さん、2曲目に移る直前、水分補給しようとして、服にこぼしてはりました。

テングサの歌・ニャコとニャンピ

…「テングサの歌」はまだわかるけど、まさかの「ニャコとニャンピ」だと?!
ちなみに間奏のかけあいは、浩子さんとAQさんでお届けしました。AQさんが、ちょっとがんばって声を張ってはった。
2曲とも、歌も演奏もノリノリでした。

とりさんのとなりの人が、ノリやすい女性だったらしく、「テングサの歌」で頭や肩をゆらすだけでなく、両足を浮かせてゆらし始めたのには驚きましたぜ。座ってんのに全身ゆれてんで?!

歌が終わったのち、選曲について佐藤さんは、
「意外とファンシー好きなんです」
とコメント。

てんぷら☆さんらいず

お次は、選曲は意外じゃないけど、演奏の提案が意外だったという1曲。

浩子さん「この曲、『ドラムも打ち込みもいらない』って、さとけんさんが…」
佐藤さん「僕は、この3人ならいけると思いました(自信たっぷり)」

いつもと少し雰囲気はちがうけど、物足りなさは全然感じさせない、かっこいい演奏でしたよ。
浩子さんが、「さとけんさん、ひとり2役くらいやってたよね?!」って褒めてはった気がする。

チェロの重低音が、聴衆を地底の底に引きずりこむ

ここでようやく、コツコツの残りふたりが登場。
ふたりとも黒いシャツを着てます。オレンジの派手なシャツを着た佐藤さんとのギャップ!
(いつもはもっと普段着っぽい格好でライブしてるんだけど、今回はものすごい晴れ舞台なので、ちゃんと黒いシャツに統一してきたんです、とあとで話してはった)

佐藤さんを真ん中にして、AQさん側にほぼスキンヘッドの三木さん、浩子さん側に小澤征爾みたいなぶわっとした髪型の坂本さんが座ります。
佐藤さんもベースを置いて、チェロに持ち替えました。

ちょこっとチューニングだか音合わせだかをして、演奏スタート。
「コツコツの皆さんの選曲です」

手品師の心臓

これねー、よかった。すっごく怪しげで怖くて、ぴったりだった。
もともとチェロは音が低い上に、3人で弾いてるし、それでもって曲がこれだし。

Aプロの朝川さんのハープは、雲の上から音が降りてきて空のかなたにふわーっと飛ばされる感じだったんですよ。
一方、コツコツのチェロ三重奏は、めりめりと地面が裂けて、ねじれて、ぐねぐねとゆがみながら異次元に引きずりこまれていくような感じです。褒め言葉です。

こんな状態で手品師の心臓を食べちゃったら、子ども、生きて帰ってこれないよね。

家具職人との二足のわらじ、三木黄太さん

ちなみに今回、ライブが始まる前から、ステージの中央には、キッズサイズの小さな木製チェアーが置いてありました。ナチュラルカラーの。
実はこれ、三木さんの作品だそうです。
(多くのお客さんに見えるよう、トークのたびにAQさんがいろんな場所へ移動して置いてました)

25年くらい家具職人もやっているという三木さん。

三木さん「手に職をつけようと思って…」
浩子さん「あぁ、音楽で食べていくの、大変ですものね…」

20代前半だったかな?にチェロを始めて、後半に家具づくりの勉強を始めて(順番は逆だったかもしれない)、いったん音楽から遠ざかったこともあるんだけど、声をかけられて、また戻ってきたと。

「近くだったら自分で納品に行きます」とおっしゃってましたが、昨日は福井まで納品に行ったそうです。それ、関東から全然近くない!むしろ京都から近い!

家具職人・三木さんのサイト→ 「アートファニチャーギャラリー
…FRAMESETでexciteブログをコンテンツ部分に表示するという、意外なサイトデザイン!

ちなみに、ステージに置いてあったのは「こねこ椅子」の小さいサイズ。
14700円ですって。国産オーダーメイドで、この価格は安いですね!
(キッズ家具は、子ども向けに安全性を配慮したりするので、お高いものも多いです)

三木さん、コツコツのライブでは歌ったりもするんだけど、のどが弱いんだとか。

佐藤さん「三木さんは、『ガラスののど』と言われているんです」
浩子さん「私もです!」
三木さん「いやいやそんな、僕は浩子さんの100倍弱いです」

私も先週からのどをやられているので、他人事とは思えませんでした。
音楽やってる人の中に、のど弱い人がいると、なんとなく心強い不思議。

人がたくさんいる・闇に走れば・猫のみた夢

続いてこの3曲。
都会人の焦燥感→ひたひたと迫ってくる孤独→ふんわりファンシーィィイ!
という感じで、雰囲気の変わる3曲でした。

「猫のみた夢」、かわいかったー!
1曲前まで怖い雰囲気だったチェロが、一転してファンシーな世界に厚みを持たせる音に変貌。
弾き方や曲が変わるだけで、楽器の音も色を変える。音楽って面白い。

でもさぁ、よく考えたらこの歌も変よね。
今まで「かわいい歌やなぁ」「猫って魚が好きやからなぁ」くらいの気持ちで聞いてたけど、普通に聞いたら、サンマの花とか、ニボシの平原とか、おかしいやろ!

クラシックな楽器でパンクをやらかす男、坂本弘道さん

浩子さん「気になってたんですけど、坂本さんのチェロって、年季入ってますよね」
坂本さん「これ、年季が入ってるんじゃなくて、汚いんです」

確かに、遠目に見てもわかるくらい、なんか汚い。なんだあれは。

坂本さん「変な弾き方しちゃうんで、汚れるんです」

確かに、さっきもひとりだけ、変な方向にチェロをかかえて、叩くような仕草をしてはったような…。

坂本さん「たとえばここの汚れは、鉛筆なんです」
浩子さん「鉛筆…」
坂本さん「歌詞を鉛筆でチェロに書くことによってね、その響きで歌の世界をうんたらかんたら(忘れた)。最初はそういう感じで始めたんですけど、今はただ鉛筆でガガーッと

今はただ単に鉛筆でチェロのボディを引っかいてるだけ?!

坂本さん「あと、ここはドリル使ってるせいで、だいぶやられてるんです」
浩子さん「ドリルですか?!」

電動でガーッと動く、あのドリルです。

坂本さん「ドリルで弦をガーッと。最初の頃はボディを傷つけちゃったりしたんですけど、最近は加減がわかってきたんで大丈夫です。今日も一応ドリル持ってきたんですけど」
浩子さん「弦は傷つけちゃってもいいんですか?」
坂本さん「よくないです」

どういうことだ\(^o^)/

坂本さん「でも、もしドリルでボディに穴開いちゃったら、明日(C2)どうしようかって。明日は行きつけのお店が開いてないんで」
浩子さん「探せば明日開いてるお店もありますよ…」
三木さん「いや、こんなことやってるんで、行きつけのお店でないと駄目なんです」
坂本さん「このチェロ見せたら断られちゃう」

なぜチェロをドリルで演奏するのか、さっぱりわからないぜ\(^o^)/

坂本さん「実は火をつけたこともあるんです」
浩子さん「火を?!」
坂本さん「火をつけようって思いついて、でも実現できるステージがなかなかないので、実行するまで半年かかりました」

なんでわざわざ火が使えるステージを探してまで…!

坂本さん「で、最初は燃やす用のチェロを、ネットで5万くらいの安い奴を探して買ったんですけど、それが届いてから、ちがうだろうと。自分が今使ってる1番のチェロを燃やさないと、意味がないだろうと」
浩子さん「…燃やしちゃったんですか?!」
坂本さん「燃やしちゃったんです。だからこのチェロはセカンドチェロです」
浩子さん「……はぁー…!なんでまたそんな…!」
坂本さん「思いついちゃったからなんですよ。火をつけるっていうのを思いついちゃったんで」
浩子さん「パンクですね…!」

思いついてそれを実行に移すあたりがクレイジーです。
なんかもう、最後の方は浩子さんが絶句してました。

坂本さん「いまだにファーストチェロを燃やしたのを引きずってるんですよ」
浩子さん「?」
坂本さん「火をつけちゃったんで、お客さんも減ったし…『もうこの人、辞めるんだ』と思われて」
浩子さん「あぁ、引退すると思われたんですね…」

とまぁ、クラシックではまず耳にすることのない、パンクなエピソードがボロボロ出てくる坂本さんでした。かなりの異端児っぷりですね…!

古い歌や物語に

ここで、コツコツのオリジナル曲を。
歌つきなのですが、なぜか浩子さんにリードボーカルを!とコツコツ側から要望があり、主に浩子さんが歌う感じでした。コーラスでコツコツのメンバーが合流する感じ。三木さん作詞作曲だったはず。

これがまた変な歌詞の、謎めいた歌だったのですが…。
実は、新聞記事から適当に拾ってきた文章をつなぎあわせて歌詞にしたそうです。
だから、いい具合に変な歌詞が出来上がると。

三木さん「特にスポーツ記事がいいですね」

曲名も新聞記事の文化欄からとったそうです。

コツコツ結成のあらすじ

ずっとバンドをやってきた佐藤さん、大人になってから、諸事情あってチェロをやり始めました。
でも、今までバンドばかりだったから、いまいちよくわからない。

ちょうどその時、ヴァイオリンとチェロが加わっているバンドがあって、そこのヴァイオリンの女性から、「三木さんの工房が、あなたの家の近くにあるから、行ってみたら?」と紹介されたらしい。

佐藤さん「んで、三木さんにお会いして、『チェロをやり始めたんです。今、バッハを耳コピしてて』と話したら、三木さんに『佐藤くん、楽譜、買えば?』って言われて」

バッハを耳コピ?!

佐藤さん「今までそういうクラシック音楽の教育を受けたことがないんで、楽譜があるって知らなかったんですよ!バンドなんて楽譜がないの当たり前だったし!」
三木さん「それで、佐藤さん、バッハの楽譜を買ったら、今度は写経みたいなことしてるんですよ。楽譜を書き写して」

同じように音楽をやっていても、ここまで世界がちがうものか…。

その後、別のバンドにいた坂本さんにも声をかけ、「やさしいおふたり(by 佐藤さん)」と3人で結成したコツコツは、今に至るまで続いていると。
佐藤さんの飼ってる猫の名前に由来するらしいです、コツコツ。

結成当時の対バンが、栗コーダーカルテットだったということで、「明暗が分かれました」。
特に栗コーダーは、やさしげでかわいい感じだったのに、コツコツは重低音なのもあって、栗コーダーのファンからアンケートに「怖い」「悪そう」と書かれたのだとか…。

実際に悪そうなイメージで売っていこうとして、黒ミサみたいな格好をしてみたり(その後は自然消滅)、いろいろ試してみたそうです。

街・夢のスープ

実は今回のライブが始まる前に、なんとなく「街」のことを思い出してたんです。
まさかライブで聞けるなんて思ってなかった!

アルバムとちがって、間奏部分で人々の大騒ぎする声は流れなかったけど、やっぱ面白い歌でした。根暗な片思いをして、うじうじぐだぐだしてる女の人の歌なのに、なんでこうもにぎやかで面白くなってしまうのか。

「夢のスープ」は圧巻でしたね!
まちがいなく悪夢でしたね!地面が割れて螺旋階段の下にずりずり引きずりこまれて落っこちて溶けて崩れていなくなったよね!

確か、「夢のスープ」の間奏で、坂本さんがドリル使ってました。
もう明らかに音がおかしいんですよ。ドリルのウィーンガガガーって音なんですよ。それを果たしてチェロでやる意味はあるのか?!と問いたくなるような(ドリルの音が大きいから、ドリルでチェロの弦を弾いてもよくわからない)

家具の組み立てに使う電動ドライバーのようなものを想像してたんですが、小さな円盤状のドリルが見えました。真っ赤なライトに照らされてた。

2013年9月23日1:35追記 ドリルではなかったらしい。

たんぽぽ食べて・月が誘う・ダイエット

そしてまたも面白い選曲。
普段ライブであまりやらない曲が、今回けっこう出てきて面白かったです!

「たんぽぽ食べて」のあたりで、坂本さんが途中でチェロを置いて、ノコギリの刃をしならせてウィンウィン奏でてた気がする…。
あの、木を切ったりするノコギリです。
それとも「ダイエット」だったかな?

「月は誘う」、中学生の頃は特に気に入ってた曲なので、うれしかった。
淋しくて、どこか不穏な歌なのに、チェロが三重奏で入ると、やさしげな雰囲気になる感じ。

降り積もる雪とともにマグロを食べたい

今回、意外な選曲のオンパレードだったので、演奏前に曲名は言わないスタイルだったのですが、最後の1曲はさすがに曲名を事前にお知らせ。
またもや、「これが来るか!」という曲です。

カイの迷宮

今年の猫森は、AプロとCプロに行って、弦楽器ってすごいなぁ、と思ったの。

浩子さんのピアノや、AQさんのシンセで、主旋律とか、メイン?の伴奏とか、効果音とかを奏でてるでしょ。
それだけでも普通に成り立っちゃうんだけど。

でも、特にチェロのような低音が入ると、奏でる曲の世界に奥行きが生まれるんやね。
(ハープは上空に広がる感じですが)

私は楽器をやらないし、楽譜も読めない人なので、素直に、あぁ面白いなって。
「カイの迷宮」の雪が降り積もる中で、そう思ったのです。

素晴らしき紅マグロの世界

アンコールは一転して、どどーんとにぎやかに!
40周年大阪ライブのダブルアンコール以来です。

クマみたいな佐藤さんがいると、イメージぴったりだった!
しかも佐藤さん、歌の合間と終わりの計2回くらい、低い声で「うーす!」って言ってた!
確かに紅マグロをがっつり食べそうだけど、ヒデヨシとは微妙にちがうww

ちなみに、本日のC2では、ダブルアンコールが出たようです。

ソロライブツアーも楽しみにしてるよ!

今年、私が東京に行くのは今回が最後だったので、次の参加予定はソロライブです。
来月の青山円形劇場は日程が合わなくて…。

猫森みたいに毎回ちがうゲストが来て、何をやらかしてくれるんやろう?!みたいな楽しみはないんやけど、浩子さんのシンプルなピアノと歌が、東京よりもはるかに近い場所で聞けるから、うれしい。

個人的な好みなんですけど、からくり人形楽団のようにズガーンと激しいものより、ハープとかチェロのようなクラシック寄りのものの方が好きなので、今回はとてもうれしかったです。選曲もびっくりだったし。

浩子さんのツアーが始まる前に、私ものどを治さなきゃ。
秋も楽しみ!

そして、2週連続で新幹線に乗って東京へ行ってしまったので、あとはいつものように、あまりお金を遣わない生活に戻ります。おとなしくしてる。
物欲の薄い性格でよかったー。