谷山浩子系男子にありがちなこと

8月も9月も10月も谷山浩子のライブに行くので、楽しみです\(^o^)/

少し前、ついったーで、こんなツイートが流れて来ました。

谷山浩子系男子ってなんぞやww

妄想ばっかりする男子のことかと思った

思わず私も便乗ツイート。

谷山浩子の歌に登場する男って、だいたい人の話を聞かないイメージが。
(女の方もだいたい自己完結して暴走してる)

んで、ファンの中にも妄想好きな人や、思いこみの激しい人は多そうです(私も含めて)

谷山浩子系男子の例

いくつか探してみました。

失恋を思い出して死ぬ

失恋の思い出が美しく輝く夏に、気がつくと水の中で死んでいた系男子。
from 「冷たい水の中をきみと歩いていく」

失恋を忘れるためにパラレルワールドへ飛ぶ

失恋が苦しいあまり、彼女が存在しないパラレルワールドへ行っちゃった系男子。
from 「アトカタモナイノ国」

片思いのあまり電波になって行方不明

淋しさのあまり電波になったけど、彼女が受信してくれなくて行方不明になっちゃった系男子。
from 「電波塔の少年」

愛が得られなかったら殺す

好きな女の子が他の男に興味を持ったので、真夜中の森で殺しちゃった系男子。
from 「森へおいで(Memories Ver.)」

愛が得られなかったので相手を焼いて食べる

好きな女の子が自分のことを忘れてしまったので、彼女を焼き魚にして食べた系男子。
from 「SAKANA-GIRL」

人間じゃないので愛が理解できない

体が宝石でできていて、けがれも愛も知らない、むしろ他人と交流できない(しなくていい)系男子。
from 「きれいな石の恋人」

他人を幽閉して愛を押しつける

歪んだ王国に彼女を幽閉して、永遠に愛してるよと嘘を歌う系男子。
from 「王国」

人間の女よりも人形の女を愛する

時計の中で踊る人形の女の子を愛していて、彼女が人間になったら嫌悪感もあらわに逃げ出した系男子。
from 「KARA-KURI-DOLL〜Wendy Dewのありふれた失恋〜」

自分の心臓を子どもに食べさせる

手品に見入っていた子どもに自分の心臓を食べさせて、夢の迷路の中に閉じこめちゃう系男子。
from 「手品師の心臓」

そのへんから生えてくる

新宿の地下道の壁や、警官の制服の肩や、屋根や空からキノコのように生えてくる系男子。
from 「まもるくん」

番外編:妹がハト時計

妹の彼氏がハト時計だった→そのうち妹もハト時計になっちゃった系男子。もう意味がわかりません。
from 「悲しみの時計少女」

思ったより多すぎた

一例を挙げようと思ったら、思ったよりいっぱいありすぎたので拾いきれませんでした。
しょうがないよね!谷山浩子だから!
(魔法の言い訳)

谷山浩子、とっても面白いので、興味がある人は聞いてみてね!

あと、現実にこういう谷山浩子系男子がいたら、まちがいなく地雷中の地雷なので、そっと避けて、全力で逃げましょう。ファンタジーっぽい男が現実にいたら、その男やばい。絶対やばい。