エストニアのミサゴ、巣を争って不穏な雲行きに

ミサゴさんのストーカーです、こんにちは。

去年も「ミサゴを眺めているだけで物欲が消え失せる」という心境に陥りましたが、今年も似たような感じです。ちょうどKindleと紙の両方で積ん読の消化にいそしんでいるのもあって、物欲がまるで湧いてこない…。
だってミサゴさんの姿を見ていれば、どうでもよくなるっていうか…。

misago20130508
5月1日のキャプチャ。
下にいるミサゴさん(メス?)は、お尻の穴が見えるほど尾を高くかかげてました。お互いに激しくばたばた羽ばたきながら、尾のあたりをごそごそしてた。交尾してたっぽい?

しかしこの後、異変が。

5月4日 卵と争い

5月2日は遅くまで仕事をしていて帰宅後すぐ寝てしまい、3~4日は東京に出かけてました。
4日の午後、東京から帰ってきてみたら、卵が1個だけ生まれてた!
misago20130508-2
しかし…ミサゴさんの動きが不自然です。
まるで卵を温めようとしません。

はて…?
不思議に思いながら見ていると、突如、緊迫した動きが。
misago20130508-3
襲撃者が現れたのです。どうやら同じくミサゴの様子。
身を低くして襲撃に備えながら、カッとくちばしを開いて威嚇するミサゴさん。
この時、背中に発信機がついているのを確認できました。

misago20130508-4
決定的瞬間は撮れなかったけど、何度か他のミサゴがものすごい速さでかすめるように飛びかかってきて、そのたびに巣の中のミサゴさんは身を低くしてやりすごしながら相手をにらみつけ、とうとう追いかけるようにして巣を飛び立ってしまいました。

巣の奪い合いがあった模様

何事か…!と思っていたら、ついったーで知らない人から教えていただきました。

なんですと?!
本家サイト(英語版)」の中にある「Osprey cameras in Estonia 2013」を見てみましょう。

…英語版のサイトなのに、リンク先のニュースはエストニア語!\(^o^)/
でも、URLにenを挟んだら、ちゃんと英語の記事にたどりつきましたよ。

私がキャプチャ撮ったのと似たような「襲撃されて威嚇中のミサゴさん画像」の下に、こう書いてあった。

The bird with the transmitter is osprey female Piret who bred with Madis in the nest last year and now demands her place back
(送信機をつけた鳥は、去年この巣でMadisと交配したメスのPiretで、今は彼女の場所を返せと要求している)

翻訳まちがってたらすんません。
おお…どうなるんだよ…ちゃんと卵の孵化までたどりつけるの…?

5月8日 おだやかなミサゴさん

そして本日のミサゴさん。
巣をとられた方なのか、奪った方なのか見分けつかないんですが、今のところ何事もなく卵を温めているようです。
misago20130508-5

卵の周辺を掘り返したりしてました。
確か、卵の温度を調節するために、こうして巣の中でごそごそやるんだと『鳥類学』に書いてあったような。
misago20130508-6

こっちを向いて飛び立つ瞬間。
misago20130508-7
去年もそうでしたが、大事に卵を温めている割に、けっこう平気で巣を離れたりしますね。つがいが交代で温めているのに、時々、交代が来るのを待ってられなくて、さっさと飛んでったりする。

見られない人、見逃した人はYouTubeでどうぞ

このミサゴカメラ、録画したものを毎日のようにYouTubeへ上げてくれてるみたいです。

たとえばこれは、5月6日、PiretとMadisの交配↓

どうやら、このプロジェクトのミサゴ動画をYouTubeに上げているのは、「Mia A」というアカウントのようです。フィンランドの人みたいだけど。
さっそくチャンネル登録したのは言うまでもない。