エストニアのミサゴのひな、生まれて2週間弱で羽の色が変わるみたい

今日も元気にミサゴのストーカーです!エストニアのミサゴ
Wi-Fiの環境から、光ケーブルの環境に戻ったら、ミサゴさんのページが快適に見られるようになりました。有線強いぜ。

ミサゴのひな
親子の肖像。やっぱり大きくなってるね、ひなちゃんたち。

個体によって色がちがう。生まれた順かな?

ミサゴのひな
生まれたての白くてふわふわだった頃に比べると、グレーがかってきましたね。

ミサゴのひな
おや、この子はかなり色が黒っぽいね。親鳥に似た模様も出てきたような。

ミサゴのひな
手前の白っぽい子と比べると、ちがいは明らか。生まれた順にだんだん黒くなっていくのかな。

ミサゴのひな
黒っぽい子は、巣に同化してしまう保護色っぷり。右側の黒っぽい子と、手前の白っぽい子とでは、白っぽい子が圧倒的に見つけやすい。

ミサゴさん一家の微笑ましい様子をどうぞ

ミサゴのひな
ひなちゃんたちをお腹の下に隠して保護しようとする親鳥さん。
でも、ひなちゃんたちは大きくなってきた上に、のそのそとじゃれあったり、親鳥の体をつついて甘えたりするので、前のようにすんなりお腹の下に隠れてくれません。
わかりにくいけど3羽います。

ミサゴのひな
いったんあきらめてしまう親鳥。

ミサゴのひな
再度挑戦。はみ出してる!めっちゃはみ出してるよ!頭隠して尻隠さずを地で行ってるよ!

ミサゴのひな
若干はみ出しつつ、なんとか保護完了。
1羽のひなちゃんが、もぞもぞと頭をもたげて外へ出ようとしてましたが、親鳥の羽で上からぐいぐい押し戻されて、再びお腹の下に沈んでいきました。かわいい…。