2012年5月21日の金環日食を、京都のこもれびから見た三日月だらけの画像6枚

今朝は金環日食でしたねー!
金色の輪っかのように見える日食でした。金環食って金星が横切るのかと思っていた人、ちがいますよ。
といっても私の地域は北の方だったので、あまり輪っかに見えなかったんですけど。

日食が最大になるのは朝7時半、これなら平日でも見れるよ!というわけで朝食を抜いて家の外へ飛び出しました。

日食グラスを買っていなかったため、主にこもれびを観察。
金環日食
こもれびが三日月の女神。
(谷山浩子の歌に、「三日月の女神」というタイトルの歌があってな…)

こもれびで見る日食(主に車体を投影先として利用)

知識として知っていたけど、実際に目で見ると、すごく面白い。

金環日食
木の影の輪郭自体が、三日月の形になっちゃうんですよ。
こもれびの存在によって、輪郭が成り立っているから。だからその光が欠けると、影の輪郭も欠ける。

金環日食
通りがかった車に映る日食のこもれび。なんかかっこいい!

金環日食
白い車に映すと、1番きれいでした。濃い色の車は影が同化しちゃって、こもれびがあまり見えなかった。


といいつつ真っ赤な濃い色の車も。あなたの車、なんかすごい模様が浮き上がってますよ!状態。


すぐ近くを通った車。何かに侵食されているように見える。

日食アイテムとして、いまいちだったもの…穴をあけたダンボールと、古いガラケー

ちなみに、母は穴を開けたダンボールを用意したのですが、あまり役に立たず。
一応、穴を通して三日月の形の光が地面に落ちるんやけど、太陽が欠けているのか、それとも穴がひしゃげているのか見分けがつかない感じでした。
きれいなまん丸の穴を開けて、なおかつ黒い板を用意しとかんと、きれいに見えへんのやろね…。

しかも母は古いガラケーだったため、iPhone 4Sに比べると画質がいまいち。
地面や車に映ったこもれびは、あまりうまく撮れず、
「あんたの背中が1番よう写るわ!」
と言って、私のパーカーの背中に降りそそぐこもれびを撮りまくってました。

肉眼で見る時は、窓ガラスへの反射を見てました

実は小学生の頃、たまたま日食を目撃したことがありました。
小3の頃だったと思うんだけど。多分、その日も月曜の朝でした。なぜなら、全校集会があったからです。

私のクラスがあったのは、L字型の校舎の角部分にある教室だったと思います。
窓の外には、角を曲がってすぐのところにある教室の窓が見えていました。
その日は若干くもってたかもしれない。そのせいか、そこの窓に写った空は、まるでフィルム越しのように、ちょっと紫がかっていました。そして、いつもはまぶしくて見えない太陽の輪郭が、くっきりと見えた。
太陽は、欠けていた。

他の子は誰も気づかなかったけど、私は気づいて、控えめに、「ねぇ、あれ日食じゃない?」なんて言ってました。星が好きな子どもだったのです。
あまり大きな日食じゃなかったから、今回のように「日食があります!」なんて報じられてなかったと思う。だから、ふと教室の反対側から窓の外を見た時に、偶然気づいた。
全校集会の時もそわそわして、太陽をちらちら見たりしてた気がする。
あれが生まれて初めて見た日食でした。

というのを思い出したので、太陽が見たくなった時は、近くのビルの大きな窓ガラスに映った太陽を見てました。
肉眼で直接見るよりも、ちょっと光がやわらぎます。

今年はまだまだ身近な天文イベントがあるよ!

すでに皆さんご存じでしょうが、今年はこれで終わりじゃないよ!
てか、3月にも金星と木星が西の空に並んでたり、普段より大きく明るく見えたりしてたよね。もちろん気づいてましたよ!

ついったーなどでも回ってきましたが、ざっとこんな感じです。

6月4日(月)…部分月食
6月6日(水)…金星の太陽面通過(金星が太陽の前を横切る)
7月15日(日)…木星食(月が木星を隠す)
8月14日(火)…金星食(月が金星を隠す)

11月には南半球の方で皆既日食なのね!見に行く人、いるんやろなぁ。
あと流星群が月明かりのない日にピークを迎えたりするそうです。絶好の観測日和だね!まぁ、流星群はあまり見ないけど…(眠気に勝てない)

星のイベント、楽しいです。
私は数学が恐ろしく苦手だったので、天文関係の進路は小学生の時点であきらめ、さらに朝型人間で夜更かしが苦手なので、大学にあった天文サークルへの入部もあきらめたという中途半端な人間なのですが、やっぱ楽しいです。